2013年06月15日

中古PCにubuntu server 12.04を入れてファイルサーバーにしたい part2

どうも、おじさんです 前回の記事からかなり経ってしまいましたが、前回に引き続きサーバー の設定を行なっていきます 今回行うことはssh接続する際に公開鍵/秘密鍵を用いた認証法のみの接続にすることを目的とします 1.ssh-keygenコマンドで公開鍵/秘密鍵を生成
~@:/$ ssh-keygen -t rsa -C "rsa_ssh_2013_06_15"
~@:~/$ Generating public/private rsa key pair.
~@:~/$ Enter file in which to save the key (/home/ユーザー名/.ssh/id_rsa):
//エンター
~@:~/$ Enter passphrase (empty for no passphrase):
//任意のパスワード
~@:~/$ Enter same passphrase again: //先ほどのパスワードをもう一度
~@:~/$ Your identification has been saved in /home/ユーザー名/.ssh/id_rsa.
~@:~/$ Your public key has been saved in /home/ユーザー名/.ssh/id_rsa.pub.
~@:~/$ The key fingerprint is:
~@:~/$ xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx rsa_ssh_2013_06_15
~@:~/$ The key's randomart image is:
~@:~/$ +--[ RSA 2048]----+
~@:~/$ |_________________|
~@:~/$ |_________________|
~@:~/$ |_________________|
~@:~/$ |_________________|
~@:~/$ |_________________|
~@:~/$ |_________________|
~@:~/$ |_________________|
~@:~/$ |_________________|
~@:~/$ |_________________|
~@:~/$ +-----------------+
~@:~/$
~@:~/$
~@:~/$
~@:~/$
2.公開鍵の配置(内容のコピー) サーバーにログインして/home/user/.sshにauthorized_keysを作り、先ほど生成した public_keyの内容をコピーします
~@:/$ ssh xxx.xxx.xxx.xxx
// サーバー にssh接続
~@:~/$ user@xxx.xxx.xxx.xxx's password:
//ひとまずサーバーのパスワードでログイン
xxx.xxx.xxx.xxx@:~$ chmod 700 .ssh
// .sshフォルダが無ければ作る
xxx.xxx.xxx.xxx@:~$ cd .ssh
xxx.xxx.xxx.xxx@:~$ nano authorized_keys
// ここで先ほどのpubulic_keyの内容をコピー
xxx.xxx.xxx.xxx@:~$ chmod 600 authorized_keys
xxx.xxx.xxx.xxx@:~$ sudo nano /etc/ssh/sshd_config
#PasswordAuthentication yes
//これを以下に変更し、ctr^Oで上書き
PasswordAuthentication no
xxx.xxx.xxx.xxx@:~$ service ssh restart
これで公開鍵を配置し、サーバーのアカウントのパスワード打つ必要はなくなりました


タグ:ssh
posted by ふらんくおじさん at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | サーバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。