2013年07月07日

中古PCにubuntu server 12.04を入れてファイルサーバーにしたい part3

前回に引き続き今回はWOLで二階に設置してあるサーバーの電源を入れたいと思います
ちなみにWOLというのはWake on Lanの略で、Lan経由でPCの電源を入れる技術のことです
(前回とは→中古PCにubuntu server 12.04を入れてファイルサーバーにしたい part2)


1.サーバー側にethtoolをインストールし、MACアドレスの確認

ifconfigを実行して表示された中のハードウェアアドレスの項目がMACアドレスです




:~$ sudo apt-get install ethtool

:~$ ifconfig



2.クライアント側にgwakeonlanをインストール




:~$ sudo apt-get install gwakeonlan



3.gwakeonlanの設定

クライアント側のgwakeonlanを起動すると以下のような画面がでるので
add machineをクリックして、2つ目の画像のようにサーバーのMACアドレスを入力します
基本的にUDPポートは9番で固定です

2013_07_20_1.png

2013_07_20_2.png

入力したあとの画面がこちら

2013_07_20_3.png

WOLでサーバーの電源を入れるときは名前の横にチェック入れて歯車のボタンを押すだけです

思ったより簡単で、びっくりしましたw


タグ:Linux WOL ubuntu
posted by ふらんくおじさん at 21:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | サーバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。