2013年07月10日

中古PCにubuntu server 12.04を入れてファイルサーバーにしたい part4

最近えげつない暑さですね〜

私は関東付近に住んでいるのですが、閉めきった部屋の温度を見ると39度でしたw

実はその閉めきった部屋にサーバーを置いていて、めったに行かないので

ssh接続をして温度を確認出来るようにしたいと思ったので、今回のテーマは

「lm-sensorsをインストールして温度を確認する」ですw

ちなみにこちらのページを参考にしました
(http://gihyo.jp/admin/serial/01/ubuntu-recipe/0183)

1.lm-sensorsをインストールする

ターミナルからlm-sensorsをインストールします



sudo apt-get install lm-sensors




2.カーネルモジュールとやらを有効にする

※サーバーにはモニターを繋げていないのでgksudoではなくsudoを使いました

以下のコマンドを実行すると、yesかnoか聞かれるのでテキトーにenterを押します←



gksudo sensors-detect;

sudo sensors-detect;



3.温度情報の表示

以下のコマンドを実行すると温度情報などがを見ることが出来ると思います



sensors




2013_07_10_1.png


posted by ふらんくおじさん at 15:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | サーバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。