2014年07月11日

chromiumの挙動がおかしい

chromiumの挙動がおかしいです、症状としてはワークスペースを移動してchromiumのあるワークスペースに移動すると、前にいたワークスペースの画面が一部または全部残っている状態となります

例えばワークスペース1(以後w1)にlibreoffice、ワークスペース2(以後w2)にchromiumがあるとします
そして両方共表示した状態でw1からw2に移動するとchromiumが完全には表示されず、部分的にlibreofficeの画面が残ったままになるのです
文章では分かりづらいかもしれないので、スクショも載せます

w1、libreofficeが起動してます
2014_07_11_2.png


w2、chromiumが起動してます
2014_07_11_1.png


w1からw2に移動するとこうなります
2014_07_11_3.png


表示されていない部分にポインタをかぶせるとその部分だけ表示されます
2014_07_11_4.png


ワークスペースを移動しなくても、最小化して
2014_07_11_5.png


再び表示する時にもなります
2014_07_11_6.png


原因は不明なのですが、対処法は見つかりました設定かたハードウェアアクセラレーションを無効にするだけです
2014_07_11_7.png


posted by ふらんくおじさん at 23:43 | Comment(0) | Liunx | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。